外壁塗装の相場

知って損はない、外壁塗装の相場

極端に高い、安いは、怪しんだほうがよい

外壁塗装の相場は、塗料や面積で違いがありますが、だいたいおすすめの一般的な塗料で30坪を目安にして出されることが多いようです。

今は、断熱タイプのシリコンシリコンラジカルタイプがよく使用されており、延床面積30坪前後で60~80万円前後という相場になるでしょう。

もちろん、この値段は塗料の違いや延床面積の違いだけでなく、足場の費用や諸経費などを含んでのものですから、外壁塗装業者によって30万円前後の開きがあるのも当り前になります。そういう意味でも、外壁塗装の相場を知ってから、どの項目での費用が違うのかを吟味して、依頼業者の決定をすることが大事です。

中身の吟味以前の問題で、外壁塗装だけで延床面積30坪前後なのに100万円を超える見積りが出てきた場合は、高級塗料の場合がありますが、なぜこの金額なのかをしっかり聞いておくことをおすすめします。べらぼうに高い150万円以上は論外だといってもよいでしょう。

その反対に、大幅値引きをしたり、始めから30万円ほどの提示金額を出したりするのも怪しいといわざるを得ません。通常のコストから考えれば、下限金額にも限度があるからです。

安過ぎるのもどうかという疑問を持つこと

どうしても、外壁塗装を考える上での費用面の心配はなくすことはできないでしょう。それを考えると、安いに越したことはありませんが、どの外壁塗装業者もボランティアではありませんから、ある程度の利益を出さないとやってはいけません。そうなると、見積り段階で費用の比較は大事ですが、安過ぎるのもどうかという疑問が出るのではないでしょうか。

塗料にこだわりがなければ、一般家庭ですすめられているランクの種類から選ぶと、価格は1㎡/700~1,000円台で、30坪を基準として算出すると、3度塗りの塗料だけで40~60万円ほどすることになります。これに足場代や諸経費などを換算すると、プラス20~30万円は金額が上乗せになると考えればよいでしょう。